感覚はあなたの全てと言っても過言ではないのかもよ!?

今日はアメリカから仲間のATCの川尻隆さんがセミナーを開催していたので、東京でした!

様々な運動療法や動作トレーニングがあるけれども、その土台となるものがあるよね?という話。


彼が学んで来た様々な事がまとめられ、彼の実践を通して結果を出してきた事をみんなに共有して。

身体器官の制御は感覚による調整が基礎である

ビンゴ!

自分の感覚と経験から、感覚を土台に中枢神経系の働きにアプローチをすることこそが、最も安全にそして最大の結果を残せる方法に違いないとぼんやりと歩みを始めA-yogaをまとめ始めたのは15年くらい前に話し。

コーラー博士のDNSや他の偉大な人たちが同じような事を話し、かつ体系立てている。最初にここに出会っていればきっと15年もかからなかったんだろうなぁって思うけど、でもその試行錯誤があったからこそ、偉大な実践者の人達の言葉一つ一つが心に響くんだろうなぁって思う。

様々なワクワクする内容だったけど、何度も感覚を認知することの大切さ、言語化する大切さが出てきた。

そして多様性とレパートリーを増やすことの大切さ


シンクロするように、先日のFBに以下の内容を書いた後の今日の話し。

FBに書いたこと

前回、東京に行った時に書店で手に取った本

「言葉にできるは武器になる」

コミュニケーション能力をあげる方法を学ぶ前に、自分の内なる言葉を育てようというもの。

それをどう整理し、どう問いかけ内側にある言葉を外に出すか

そんなことが書かれてある。

養成には毎回課題がある。

実技課題は、ただ動いたり指導をするだけでなく、自分の中にあることを言葉にして文章にする事が求められる。

同時に相手の中にあるものを引き出すために問いかける事も必要になる。どんなことを聞き出せたか、は、自分の問いかける力に関わってくる。

問いかける力

自分にも相手にも

体の硬さを感じた

で?それはどんな感じ?
なぜそう思うの?

何が感じられたから硬いと思ったの?

何と比較してそう思ったの?

どこが?

深さは?浅さは?広さは?長さは?
どれだけ自分の中で起こっていることを言葉にできるか。

感覚を育てる事が大切、という話をすると、その方法がわからないという。

今日は「トップアスリートだけが知っている正しい体の作り方」の出版から1年だったらしい。

その本の感想に「感覚が大事だっていうけど、そのやり方がわからないからできないのだから参考にならない」的なことを書いてくれた人がいた。

なるほど、と思った。

でもその裏を返すと、自分は感覚という部分の問いかけをしてこなかったということなのではないかな、、、と思う。この人は内なる声と向き合う時間が少なかったのではないか、、、と。

無意識でも意識でも感覚を感じて、自分の感覚と向き合ってきた人は、本の内容がすーーーっと入ってきたという感想が多い。

逆に、感覚をあまり意識してこなかった、色々試した、でもあと一歩何かが、、、と思っていたところに感覚に目を向けよう、という言葉を聞いて「そうか、自分の感覚ってなんだろう」と問いかけを始めた人もいる。

ここから思うのは、人が何かを自分に教えてくれると思うことを捨てることにあるのだと思う。

答えは自分の中にある

それを見つける努力をどこに向けるかなのだと思う。

それがわからないんだから教えてくれ、ではなく、「今、自分はなぜそう思い、感じたのだろうか」

「なぜこの本がくだらないと思ったのか」

「なぜこの本に共感したのか?」

「どこに共感したのか?」

「なぜその問いかけにフラストレーションを感じて」

「なぜその相手に拒否反応を示したのか」

「なぜそれを素直に受け入れたのか」

そんな日常での自分の内にある声を聴くことから全ては始まるのだと思う。

「私には伝える言葉はない」

ではなく

「私は伝える言葉を育てる方法を変える必要がある」ということなのだと思う。

養成の課題チェックは、誤字脱字も含めて真っ赤になることもあるけど、それぞれの内なる言葉が育っていく過程が見えてなかなか面白い。

そこが育つと生きる姿勢や行動が変わるのだから、こんなにシンプルでパワフルなものはない

内なる言葉を聞いて、育てていますか?

こんな事を書いたばかりだった。

ここでは伝えるというテーマでの内なる声の話だったけど、動きも同じ。

内なる感覚を言葉にする事で、様々な感覚を動作を通して経験し、言語化する事で必ず大きな変化が生まれる。

子供の頃に本当は育てなければいけない事だと思っている。

今回の東京滞在も多くのつながりを感じた。何かが生まれる予感しかしない。

仲間と共に歩みを進めていこう。
セミナー後は、Trainers for allのインタビューでR Body Projectの大手町店さんへ!

プロゴルファーの宮里藍プロが4人目のアスリート!


このお話はまたTrainers for allのFBページでお伝えしまーす!ぜひいいね!お願いします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中