身体と心の一致感

今日もはじまりは、do something meaningful

週末にあったJATOイベントの余韻を少し残しながらも、日常の生活に戻りました。

今朝の京都は雪がちらついて始まりましたが、午後は暖かい春を感じる太陽が空間を満たしています。

2週間ぶりの自宅。

ホッとしたのもつかの間、入れ替わりで旦那さんは遠征に出かけていきました。

内的一致感

今朝、仕事に行く前にビジネスコーチの田近先生のFBに書いてあった文章。

「伝える力というよりも伝わる力」

伝わってきたときに、言葉にその人が表れているか(先生は、言行一致≒誠実さをその人物に感じる、と書いている)

どう伝えるかよりもどう伝わるか、、、それを去年末位からつくづく考えていて、そんな経過でみた今朝の文章。昨日も伝えるという言葉を使ってブログに書いた。

「自分自身の在り方と、発する言葉と選んでいる立ち居振る舞いの一致感がなければ、自分自身ですら大きく動かすことはできない。」とも先生は書いている。

土曜日の、北島康介さんと伊調馨さんの姿が浮かぶ。

あの人たちが自分自身を高めてきたのは、在り方=言葉=立ち居振る舞いを常に一致させてきた結果なのだろうな、、、と。

以前、康介さんが「最初の時、金メダルを獲れるかなんて全然わからなかったけど、でも金メダルを獲りますっていうことで、獲るために自分が行動をした。結果金メダルが獲れた。」という話をしてくれた。言行一致。言ったことに見合う行動をした、その結果が結果として残る。

身体と心の一致感

その大切さは常に思っています。それこそがその人が自分らしい人生を送るうえで大切なキーだと信じてきました。

まずは自分の体の外、自分の体の中で起こっていることを受け取る力が大切、と常に思い言い続けています。

「何を感じるのか?」

「何を受け取るのか?」

「それはどこで感じ、どうやってわかるのか?」

 

感じるとは?

「感じられないから感じられていないのだから、感じなさいと言われてできることではない、、、」そんな風に言う人もいます。

自分が感じられない、と思っている段階できっと扉は閉ざされる。

感じられない自分を感じてみたらいいのに、、、って思う。

単純にありのままを受け取ってみる。

 

A-Yogaで大切にしていること。

感覚システムを理解して、それをまずは意識して使うこと

そして1つの動きを100通りできるようにすること。

 

同じスクワットを100の方法、100の道、100の感覚の組み合わせを使ってやってみてごらん、そうしたら何かが大きく変わる。例えばヨガであれば、100のポーズはいらない。1つのポーズを100通りやればいい、、、と常に言ってきた。

 

その理由は?

感覚の多様性が、脳のロックを外すから。

 

根拠は?

脳神経系はそれを求めているから。

 

脳神経系の根底からどのようにコミュニケーションを育てていくか。

 

たくさんの眠っているコミュニケーションルートを、色々な形、方法、刺激でつなげていく。

 

その小さな変化が、人に大きな変化を生む。

身体から自分の心を見る

1年半ほどラボのパーソナルに通ってきてくださっている、70代の女性。

自分の体に様々な不安を抱え、自分の体で好きでないところがたくさんあり。

自分の人生を自分らしく生きていきたい、でも今までの生活経験で自分というものが誰であるか、自分を押し殺して、自分の気持ちをごまかして生きてきてしまった、、、自分のことを表現するのは苦手、、、とずっと言い続けていたその方が、去年の途中位からそんなことをポツリポツリと話し始めてくれて、体の動きを通して常にその人の過去と今と未来を感じていた。

 

今日のセッション、寒さと旅の疲れで少しだけ体に不調が戻ってきて、少しだけ不安もあって、、、。セッションの途中、私の手の中にある体が少しずつ少しずつ緩み開き始めたなぁって思ったら、「私の体、みんな中心に引っ張られていて、まるで私の心と一緒ですね、もっと心を開きたいのに、もっと自分を表現したいのに、でも肝心な時に隠れてしまう、、、」と。「そう思われますか?」って、問いかけたら、「そういう自分がいるんだって今、体が内側に引っ張られていたことを感じて思いました」と。

 

「それに気が付くなんて素晴らしいですね」と、伝えたら、

「この体が変われば、私の心も変わりますかね。」とご本人。

 

「もちろんですよ。でもきっと今までの体はそれが必要で自分を守ってくれていたのだから、それもよし、少しずつ少しずつ変わっていきたいように変わっていくといいですね。楽しみですね。」と、私。

 

この何気ない会話、今までもほんの少しずつその兆候、心と体の動きが見えていたけれども、今日一気に大きなシフトを始めた。

 

言葉は少なかったかもしれない、でもその方の言葉は私の中に強く、深く伝わってきた。

身体の感覚から見えてくる自分の心

そして体で感じたことを言葉として表出させる。

身体と言葉の一致 (身言一致?)

身体の動きが私を教えてくれる。

深く面白い

シンプルで複雑で

だからこの仕事はやめられない。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中