ラップ フリースタイル的セミナー @浜松スポーツカンファレンス2017

3月3日、4日と浜松で、第2回浜松スポーツカンファレンスが開催され、去年に引き続き講師として呼んでいただきました。

昨日は夕方からの3時間


スピードランニング、日本のみならず世界で活躍されている常葉大学の里大輔先生

武道家であり、常葉大学健康プロデュース学部の教員でもある(反対の言い回しかな?)、菊本智之先生

が、50名の高校野球児を含む聴衆に向けて素敵なメッセージをくださいました。

とにかく聞いていてスポーツって、体を動かすって、それに取り組む姿勢って無限大の可能性と、誰でも変わることができる!と感じる時間になりました。
Inner dream

Outer dream

どちらがgoodからgreatになる上でより大切か。

肉体を超えた動きの世界

ワクワクが止まらない!

理学療法学科、鍼灸学科の先生達も参加してくださいましたが、私も含め先生達が一番ワクワク興奮していたと思います、苦笑

そして2日目の今日は2コマを里先生と私で担当させていただき、せっかくなのでと言うことで、最後の75分をコラボセミナーに急遽変更。

お互いが午前中に話したテーマを組み合わせ、完全なるフリースタイルセミナー(ほぼ打ち合わせ、作り込みなし)

ランニングのポイントと基礎ドリル

そこに私がコツと多様性の考え方を基にした(感覚を通した動作の導き)実践方法を加えていく

里先生が話す、ドリルをする。


ほーほー(hoho)、オッケー(okay)

Yeah, okay.


同じ動きを違う視点で、違う刺激でやってみるぅ〜。

どう(do)、よぉ〜(Yay)

Hey, yeah!

こんなやり取りを2、3回、笑

無事に終了。パチパチ。


この後は、身体障害者や知的障害者、発達障害者に泳ぐを通して身体の可能性を伝えている、浜松市のメディカルフィットネスLEN代表の伊藤裕子さんのお話でした。
健常者、障害者関係なく、一緒に動ける施設。とても素敵な工夫された空間。

全国各地にこういう場ができる日本になったら、今のどこか閉塞感や社会の構造に不満がくすぶる社会は大きく動き出すと思います。
さて今の自分に何ができるか。

来年も開催あると思いますので、ぜひぜひぜひ静岡県内のみなさま、近郊のみなさま、アスリートに関わるみなさま、ご参加下さいね!

私も毎回関わらせていただいて、たくさんの勇気と夢と課題をいただいてます!

常葉大学の先生と学生トレーナーの皆さん

ご参加くださったみなさま

本当にありがとうございました!
#浜松スポーツカンファレンス #常葉大学健康プロデュース学部 #スポーツの無限の可能性

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中