あなたの身体は十分に頑張っているよ

まだ暑い日が続きますが、着実に秋へと季節は動いています。

来月はKyoto MBM Laboの3周年月間。

9月23日(土・祝)、24日(日)は3周年記念イベントを開催します!

私のラボでのセッションの8割はプライベートセッション。

ここ最近、さらに色々な体の方にお会いする機会をいただいています。

発達障がいのお子さん、脊柱の動きに少し不安があるお子さん、慢性的な痛みを抱える方、脳の機能的なアンバランスからくる体の不調をお持ちの方、歩くのに困難を感じている方。

セッションにいらっしゃると、最初にお話をしながら今までの体と心の履歴を聞き、話の中からヒントとなることを少しずつ集め、そして動きと体の評価をさせていただく。

評価は状況によっていくつかのパターンがある。

スタンダードなのは、

① 肺チェッカーで呼吸の状態をチェック

② 基本的な身体組成評価

③ ざっと姿勢確認(これはさほど大きな意味を持たない、あくまでもセッション後の反応を見るための参考まで)

④ 動作確認(脳の反応を見ながら評価)

⑤ 目の動きの確認

⑥ 7つの感覚システムの中で、上の状態から気になるところをより細かく確認

この辺りがスタンダードな評価となる。

そして手を通して、その方の身体の状態(関節、皮膚、関節の動き、手の動きの受け取り方と動きに対する反応)を確認する。

反応の早い方

反応のゆっくりな方

反応がまったくない方

いろいろな体がある。

でもどの身体も、身体に痛みを抱えて生活をしてきた体、身体の不快感を抱えて生活をしてきた体は「本当によく頑張ってきたね、、、」という言葉が心に浮かぶほど頑張った跡がそこかしこに存在する。

手でその方の身体を感じながら、「ここも頑張ってきたんだね」

「ここもこんな風に頑張ったんだ」

「そこまで頑張ってきたんだね」って、手を通して体と会話している。

そんなプロセスの途中で、身体が「はぁ~」という瞬間を感じることがある。

「わぁ~、やっと呼吸できる、、、」って足が言うこともあるし、

「するする~」って流れ出すこともある。

私の手を通してその人の神経系・脳と会話をしている。

私が動かしているのではなく、その人の身体が私の手に教えてくれる。

「ここに次手を当ててよ、、、」って。

頑張ってきた体はなぜ頑張ってきたのか、その理由を知っている。

だから頑張ってきたことを認めてあげて、頑張りの度合いを少しだけ分散させてあげることを教えてあげることができれば、体も心も楽になれる。

からだは賢い

 

でも外的な要因がその体の賢さを少しだけ捻じ曲げてしまうこともある。

私の役割は、少しだけ違う道を選択してしまったその体に、違う道、より安心な道をさがすお手伝いをしてあげること。

 

答えは体が知っている。

大切なのはそれを読み取る力を持つこと。

感覚が教えてくれること。

そんなことをこれからも突き詰めてながら、一人でも多くの人が自分の身体の快適さを手に入れ、そして自分の身体で良かったと思ってもらえるように進んでいきたいと思う。

 

私の頭の中、それを少し皆さんと共有できればうれしいです。

A-Yoga for Trainers in仙台の早割適用は8月31日までです。あと数枠残っているそうです。

一緒に身体と心の探求をしませんか?

A-Yoga for Trainers in 仙台 受講申し込み詳細

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中