思いを共有する旅へ

雨の京都から虹と田園風景を通り抜け

雪化粧のいつもよりも力強く雄大に見える富士山にご挨拶をして東京へ。

会いたかった人たちに会って、今は盛岡に向けっています。

盛岡へは今年自分の施設をオープンした佐々木健次ATC の施設Conditioning Center Houseにご挨拶へ。

去年だったかなぁ、珍しく「会いに行っていいですか?」と言われ。なんてことない話をしながらも、でも彼も転換期にいると感じて「動くなら今だよ」って言ったのを真に受けた彼はその後自分の思いを形にして施設をオープン。(ま、彼の中では決まっていて最後にお尻をドンと蹴飛ばしたのが私だったのだろうけど、、、)

その彼の新しい活動場所を見に!

明日からFMSのセミナーもあるらしいので、夜には講師をするほかの友達も合流。色々な地でみんなが活躍しているのを実感するのは楽しい!

1年に1回は東北のA-yoga認定者に会いにと思い、今年はこの時期に。

土曜の午前中は山形で一般の方も一緒にセミナー。満員御礼、ありがとうございます!

午後は認定者のみの勉強会

日、月曜はA-yoga for Trainers in 仙台

最初に開催してから2年

私の中で内容も深まり、テキストの30%くらいを入れ替えました。

2日間で伝えられること

伝えたいこと

まとめることは本当に難しい。

全体を通した一貫したテーマは

「人の可能性はなにが作り出しているのか?」を共に考えること。

動きを通して、言葉を通して私たちトレーナーやインストラクターは「人の可能性にどういう視点でどういう在り方で挑戦することができるのか」

私たちの脳が満足する導き

私たちの気持ちが快適と感じる環境

それを動きそして感覚からどう導いていくか。

私が人の感覚がパフォーマンスの肝ではないか、、、と思い始めて自分の嗅覚と第六感的な感覚で15年くらい前に始めた実験的な動作指導。

今はA-yogaという名称をつけて活動をさせてもらっているけど、難病や発達障害を持っている子供達、アスリートから高齢者まで。どんな人でもどんな状態でも共通してあることが見えてくる。

感覚のバランスの大切さ

バランスというと「均等」という言葉を思い浮かべるかもしれないが、均等である必要はなく、大切なのはさまざまな感覚を受け取れる体と心。

押し殺した感情

怪我の記憶が深く残った体

ねじ曲げられたセルフイメージ

届かない感覚

うまく交わらない感覚

そういったものが我々の健康や体の動きに影響を与えていることに少しだけでも目を向けてもらえたら、、、と。

今のあなたは今までのあなたの積み重ねで

今のあなたは今日まで生き続ける上で必要な選択をして生きてきた。

でももし今その過去の選択があなた自身を怪我や痛み不調といった状態で苦しめているなら、今から選択を変えることができることを知ってほしい。

その方法を一緒に考えながら歩んでみませんか?!と。

笑顔が溢れる社会になりますように

このツアーが終わったら、来週末はDNS のExercise IIの通訳。資料に目を通して準備します!

まずはこの東北ツアー全力で楽しみます!

#東北ツアー

#Ayoga

#セミナーツアー

#動きが世界を救う

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中