自分の100の考え方

今日のアリゾナは少し雲が多い感じでした。

 

A-Yogaのエッセンスを2日間に凝縮したA-Yogaスタートアップセミナー、そして仙台、東京のA-Yoga認定インストラクター養成ベーシック講習のお知らせはこちらです

 

昨日で4日間のセミナーも終了し、今日は少しだけのんびり。

滞在先の友達たちと夜遅くまで話をして、、、貴重な時間です。

この時代に女性として生きるということ

女性は大変だなぁ、、、って思います。(あ、男性ももちろん大変ですけどね)

結婚し、そして多くの女性が子供を産み育てる。

結婚をしなかったとしても、親御さんの介護など、家族とのかかわりがそこには必ずある。

それに加え、様々な人間関係。

 

その間に自分の人生のステージが変わる前から持っていた自分の夢を追いかける人もいれば、後の過程でやりたいことが見つかって新しくスタートする人もいれば、仕事に復帰し社会の一員、社会に貢献する。もちろん専業主婦の人もいる。

生き方はいろいろ

選択もいろいろ

時代が変わったといってもそれでも男性よりも女性はとても複雑な役割の中でバランスをとることに必死になっている部分はあるのではないか、、、と感じる。

いろいろな女性と話をしていると、よく聞くのが

「XXをとるなら、XXはあきらめなくてはいけない」

「中途半端にやるくらいなら、やめたほうがいい」

「私は家族のために時間を費やさないといけないから、他はやれないんです」

と、言った言葉たち。

「それはあなたが望むことですか?」と、質問するとたいがい

「そうではないけど、そうしないといけないと思うので、、、」という答えが返ってくる。

「あなたが望む最良の場・姿はどんな状況ですか?あなたはどんな風に過ごしていますか?」と聞くと、上にあげたような決断とは違う景色が見えてきたり、人によってはそれを口に出せない、または口に出してはいけないと思うのか(出してしまったら自分が決めたことが揺らぐと思うからか)出すことを躊躇する人もいる。

気持ちが揺らぐ、決断が揺らぐ、それはそれでいいと思う。

そういう自分がいるんだということに気が付けばいい。

 

「中途半端な自分」のとらえ方を考えてみる

上のような状況の会話でよく出てくるのが

「中途半端になるのが嫌だ」

「中途半端はよくないと思うから」

という言葉。

この中途半端という言葉は本当にめんどくさい言葉だな、、、と個人的には思う。

 

その言葉の裏には、「私がやるべきことがきちんとできていない」という風に受けとれる。

その時に多くの人たちが見る「私」の図が以下のような感じなのではないだろうか。

私を100と考えると私の構成図は(イラストは例です)、

 

 

私は、「妻、母、社会人、家族の一員(娘、姉、妹、叔母、孫)、友達」という存在であり、それを日々生きる私は「70%くらいはできているけど、30%はできていない」

「70%くらいは満足しているけど、30%は自分のできなささにがっかりする、、、」みたいな。

「だからきちんと「私」がやるべきことをやるためには、私の中にある要素を整理するしかないから仕事を辞める、自分がやりたいと思っていたことをやめる、夢をあきらめる、などなど」

「いろいろやりすぎているのがいけないから、それをやめれば100に近づくはず」

そういう発想が多くの場合に起こっている気がする。

 

で、実際に何かをやめる、何かを我慢する。

その結果、100に近づけた人がどのくらいの割合でいるだろうか、、、。

「何かを辞めざるを得なかった」

「誰かのために自分を犠牲にしなければならなかった」

「自分のやりたいことがあるけど、私はそれをやってはいけない星の下にうまれたのだ、、、」

などという言葉につながることも多い。

なぜなら、中途半端がいけないと思って中途半端にならないように何かを減らし、何かをあきらめたけど、中途半端を解決する本当の問題は役割の数、やっていることの数の問題ではなく、自分の物事のとらえ方にあるのかもしれない、、、という考えに至らないからなのではないだろうか。

 

私をどう考えるのか?

 

以下が私が思う私の今の人生における私です。

 

見てわかるように、私の血肉のほとんど(83%)が仕事関連を占めています。

仕事を離れた個人の時間というのはほんの17%(これもかなり下駄をはかしている気がします、苦笑)

 

本当は個人も仕事もない、、、です。すべてが私の社会の中での役割として進んでいきたいことのためにあるから。ただあえて割合を出すとすれば、こんな感じです。

 

現実として私を知っている人、私とつながりのある人は「そんなに忙しくて、いつもいろいろなことを同時に進めていて、ストレスたまらないのですか?苦しくないですか?大変じゃないですか?」と聞かれます。

 

ストレスは、、、溜まってないと思います。

苦しい、ですよ、時には。

大変、なときもありますよ、もちろん。

この二つの表の違いわかりますか?

 

 

上(左)の表は「私」をなにもかも全部一緒にして考えている。

下(右)の表「私」の中の構成要素が占める割合が明確になっている(もちろんこれは年月を過ごす中で変動します)

 

左の表の人が「私って中途半端」と思うときは、そのいろいろすべていっぺんにやっている私が満足に生きていないことを見ていっている。この表の人が100%を手にするのは相当大変なこと。例えばあるテストが100問あって、その100問は様々な科目がごっちゃになっていて全部に正解しないといけない状態(アタック25みたいな感じで、違うトピックに答えてできるだけたくさん答えてマスを埋める、、、的な、例えが雑かぁ、、、)。結果の判断としては全体で総合して100点だから、Failure Rateはかなり高い。(あなたが人生でどれだけのテストを受けて、何度100点をとったか考えてみたらどれだけ失敗率が高いかわかるでしょう。)

 

右の表は、100問のテストの中に、複数の科目が独立して割合を変えて存在している。セクションA 70問、セクションB 13問、セクションC 12問、セクションD 5問 ある、的な考え方をしてみたらわかりやすいのかな、、、。全国統一テスト(今でもあるのか?)で各科目ごとに点数と順位、A~D?の判定が出る、、、みたいな。

 

私が目指すべきは、各科目で満点(セクションA 70/70, B 13/13, C 12/12. D 5/5)をとるために各セクションで必要な勉強と準備をして、そして問題を解く。その結果として、65/70, 13/13, 10/12, 5/5かもしれない。でも4つのうち2つは満点がになるし、どこの科目でどういう状態なのかが明確にわかる。 終わるたびに問題の答え合わせをして、間違ったところを見直して、解決策を見つけて次につなげる。その繰り返し。

 

このあり方の場合、「私って中途半端だなぁ」と思うのは、それぞれのセクションに100%で取り組むという姿勢を持っていないときには「私って中途半端」って思う。実は本当に大切なのは、答えを100点満点にすることではなく、そのものに100%の意識を向けて取り組んでいるかどうか、なのであると思っている。

 

だから、私がストレスをためるときは「今自分がやるべきことに100%でいないとき」

「未完了が積み重なった時間を過ごしているとき」

もっとそのものに心を置いてできるのに、適当な気持ちでやったり、早めに取り組むことができたはずなのに、それをしなかったがゆえにいいものができなかったり、後でいいか、、、がそのままになってしまっていたり。

 

70%という動作教育探求者としての私に100%でいて、

2.5%という両親や妹家族との関係性に100%でいる。

それぞれの要素で100%に生きる。

それは費やす時間の問題ではない。

5分しかそのことに時間が取れないのであれば、その5分に100%でいれば、それは中途半端ではなく、100なのである。

 

そこの整理がきちんとできないでいるから、「何かをやるには自分の100%を注がないといけない」「100%に近いエネルギーを注がないといけないから他をあきらめる、または何かを天秤にかけて周りの人が自分に求めているであろうことを選択して、自分が望むことをあきらめる、、、」

 

それはきっと誰にも幸せをもたらさない。

割合はいつか変わる。

単純に今の私の中での割合が、「○○が100のうちの2しかないけど、2しかないから中途半端」とはならない。2を100に生きれば、それは100なのだから。でもその2しか今はかけられないことで、それを進めるうえで誰かの力を必要とするなら、私は2に100でいるから、どうすれば一緒に進めるかを考えてもらうことが大切なのだと思う。それは一生2ではないはず。いつか誰かのそれが50から2になり、あなたが2から40になるかもしれない。それこそがお互い持ちつ持たれつという状況なのだと思う。

 

うまく伝わるかわからないけど、ずっと思っていたこと、でもこれを届けたい人がたくさんいるので、ふと書いてみました。

 

12(現実は3くらいな気もするけど、旦那さんはきっと0.1くらいっていうかもしれないけど)しかない妻・パートナーとしての私を大切に思ってくれる旦那様、そして親・兄弟・友達・仲間と2.5の私でも応援してくれる皆様に感謝なのです。

 

A-Yogaの養成では、動作を通してこんなことにも問いかけ続けていくことを大切にしています。

A-Yogaのエッセンスを2日間に凝縮したA-Yogaスタートアップセミナー、そして仙台、東京のA-Yoga認定インストラクター養成ベーシック講習のお知らせはこちらです

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中