女性としてのいちトレーナーの生き方

今日の京都はとてもいい天気!

週末の福岡のエキサイティングなイベント+久しぶりの朝までコースで、かなりの炎症度アップな重たい体でした、、、

睡眠が6時間をきる日が3日ほど続くと、体の炎症があがるのがわかります。

睡眠は大事!

福岡でトレーナーの勉強をしている学生さん達とお話をする時間がありました。

女性が5名。

その時に

「トレーナーとして働く上で、女性として辛いと思ったことはありますか?」という質問をもらいました。

誰かに質問をもらうと、まずはその人がどんな景色を見てその質問を考えたのだろう、、、と想像します。

男社会であるトレーナー/スポーツの世界でやっていく上で、女性であるからこその体験や経験があるだろう、、、という意図があってのことなのかなぁ、、、って想像しましたが。

確かに今もスポーツ系やトレーニング系のセミナーに行けば、ほとんどが男性。

学びの種類が違うのかもしれないけど、日本においてはよく見られる光景。

これが日常だと、そういう質問も出てくるんだろうなぁって。

私個人として、女性としてトレーナーである事にポジティブな事しかありません。

もし性差でなにか得られていないと感じて、それがチームにとってマイナス要因であると思ったら、思うことは伝えてきました。

男性であろうと女性であろうと、学生の頃から君たちはプロであれ(プロ学生トレーナー)t言われてきました。

男性ばかりのチームを相手(アメフト、バスケ)した時も、女性だから得したことがたくさんありました。

選手達が男性トレーナーには吐けないちょっとした弱音を吐く場所になれたり、みんなが気をかけてくれることで、会話をするきっかけができたり。

でもそこに甘えているのはいけないので、技術も知識もきちんと持ったトレーナーになることは常に意識をしていました。

学生の頃、テーピングテーブルで、ボスやアシスタントの次に選手が並ぶトレーナーになるんだ、っていつも心がけて一人一人の状態に合わせてテーピングをしていたし、その気遣いは選手達はきっとわかってくれていたので、主要選手がリクエストしてくれて、常に遠征に連れて行ってもらったりした。

そこで学んだことは、性別ではなく、ひとりのプロフェッショナルとして自分を磨き続けることで道は開けるということ。

男性だから

女性だから

もちろんそういう場面もある。

絶対的に同性であったほうがいいこともある。その場合は私は一歩下がり、適材にお任せする事がプロだと思っていた。

私の満足ではなく、相手の満足を最大にする環境は何か?を考えられる人でありたい、と。

負けん気や意地で仕事をするほど無駄な労力はないし、チームとしては士気が下がるだけ。

女性のチームは、女性として共感できることが沢山ある。

彼氏の話、恋心、生理の辛さ、食べ物の話。

女性であるからこそ役に立ったことが沢山ある。

そして常に私は女性でありたいと思っていた(中身はめちゃくちゃ男前と言われますが、、、)

学生の時もアシスタントの時も、大学から支給されるポロシャツ、カーキーのボトムスが嫌いで(あれは作業着でかつ男性的なライン)、サイズが小さいものがあろうとも、普段の練習は好きなものを着る!とボスに言って、女性の体に合うデザインのポロシャツやパンツを着ていた。

ワクワクしないものを着て、仕事はしたくないって言ったら、ボスは笑って「どうぞ〜、クニコの好きにしたらいいよ」って言ってくれ、さらにウェア代まで支給してくれた事もあった。

だからこそしっかりとそれにお返しする事も意識した気がする。

自由には責任が伴う。

自由だからなんでもいいわけではなく、その分しっかりと結果を出さなければただのわがまま女子になるだけだから。

女性だから持っている感性

女性だからの気遣い(最近は男性の方が気遣いできる人多いですけど、、、)

女性は色々と人生で変化を経験する。

結婚、出産、伴侶の転勤、子育て、介護、、、

そんな中でも自分の思いを持って社会とつながっていたいと思うなら、その選択ができるように心がけて毎日を生きてくれたらいいなって思う。

そして一番大変なのは周りの理解と協力を得ることかもしれない。

それを面倒と思ったらきっと続かないこの仕事。

やりたかったけど、、、でも、、、という人が一人でも減ってくれる社会であってほしい。

でも形が変わったとしても、学びの経験を生かしてくれる人生を歩んでもらえたらきっと社会の役に立てるはず。

この世界で女性であってよかったって思うことしかない。

男性だったらきっともっと大変だったと思うから。だからそんな中頑張っている男性達を心から尊敬する。

ここに写っているみんなも本当に愛すべき存在であり、常に次に会った時「クニコ、いい感じだねぇ〜」って言ってもらえるようにって思っている。(劣化したなぁ、、、とは決して言わさせない!苦笑)

Next Stageで出会った皆さんも、みんなみんな大きな力を持っている。

そんなみんなに支えられて、明日も頑張るぞ〜!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中